お中元を頂いたらお礼状を書くのは、お礼を伝えるためだけでなく、無事到着したことをお知らせする意味もあります。

親しい間柄であれば、気軽に電話やメールでもいいかもしれませんが、形のあるものをもらったら、形のある手紙で返すのが自然です。

お中元で一番人気のビールを頂いた時のお礼状例文をご紹介します。

ビール

お中元にビールを頂いた時のお礼状例文1

日に日に日差しも強くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、このたびはビールをお贈り頂き、本当にありがとうございました。
しばらくは、よく冷やしたビールを晩酌で頂くのがこれから楽しみです。
まだまだ暑さが続くようですので、お体にはどうぞご自愛くださいませ。
お礼のみにて失礼致します。

お中元にビールを頂いた時のお礼状例文2
家族の感想も添える場合

暑さ厳しき折から、お変りなくお過ごしのご様子、何よりと存じます。
本日は結構なお品を頂戴し、誠にありがとうございました。
ビールが好きな妻も大変喜んでおり、冷やしたビールで喉を潤すのが楽しみで、
暑い日がかえって待ち遠しくなりました。

奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。時節柄、お体を大切に。まずはお礼まで。

お中元にビールを頂いた時のお礼状例文3
妻が代筆する場合

暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしのこと、お慶び申し上げます。

この度は、お心遣いを頂きまして、誠にありがとうございます。
あいにく●●(夫などの名前)は出張中でございますが、
頂いたビールの件を伝えたところ、心より感謝申しておりました。

暑さ厳しき折、お体大切にして下さい。
まずは略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます。

お中元にビールを頂いた時のお礼状例文4
お礼が遅れた場合

暑さもようやく峠を越したようです。ますますお元気にお過ごしのこと、何よりと存じます。
先頃はおいしいビールをお送り頂き、誠にありがとうございました。心ならずもお礼のご挨拶が遅れ、申し訳ございません。
どうか奥様にもよろしくお伝えください。
遅くなりましたが、お礼まで。