ありがたいお中元などの贈り物ですが、恐縮してしまったり、法律や会社などでの立場上受け取れず、辞退と今後のお断りを伝える場面があります。

その際は、ただ返送するだけでなく、お礼を簡潔に述べ、相手の行為を否定しないよう気配りをしたお礼状送るのがマナー上は良いでしょう。

スマホから和紙はがきでお礼状が送れるありがとうポストでも使えるよう、はがきでも使える文量で例文をご用意しました。どうぞご活用ください。

受け取れない理由も具体的に書いたほうが、相手も納得しやすく良いでしょう。

お中元を辞退する場合のお礼状文例1
今後は断る旨を伝える場合

辞退の際は、具体的な品物の感想などは避けたほうがよいでしょう。

拝啓 盛夏の候、○○様におかれましては、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 この度は丁寧なご挨拶の品を頂戴し、ありがとうございました。お気持ちには大変感謝しておりますが、今後はこのようなお心遣いはなさいませんよう願い申し上げます。
 時節柄、どうぞご自愛ください。 敬具
 

お中元を辞退する場合のお礼状文例2
返送する場合

いきなり辞退では失礼に当たるので、まずは感謝を述べるのが礼儀です。

拝啓 向暑の候、○○様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 このたびは丁寧なご挨拶の品を頂戴し、ありがとうございます。立場上、会社の方からはお受けすることができません。誠に勝手ながら、別便にて返送させて頂きました。せっかくのご厚意を無にする形となってしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
 暑さ厳しき折から、どうかお体を大切になさってください。
 失礼ながら書面にてお礼申し上げます。 敬具