お中元は本来は直接持参するものでしたが、現在はデパートなどから配送してもらうのが一般的。

その場合でも送り状、挨拶状を添えるのが礼儀ですし、文章は短くても付いていた方が感謝の気持ちも伝わります。

そんなお中元の送り状に使える書き方、例文です。

送り状を送る時期

同じ日に届くのが理想かもしれませんが、なかなか難しいかもしれません。
また受け取るために準備が必要な方もいるので、品物より先に届いた方が親切な場合もあります。
遅くなっては失礼にもなるので、早めに出しましょう。

お中元の送り状例文1

拝啓 向暑の候、お変りなくお過ごしのことと存じます。
 日頃は公私にわたり、お世話になりまして、心より感謝しております。
 さて、本日はお中元のおしるしまでに、心ばかりの品を別送いたしました。ご受納いただければ幸いです。
 まずはお中元のご挨拶まで。 敬具

内容には発送日や、品名も書いた方が受け取る相手に親切な場合もありますね。

お中元の送り状例文2
到着予定日を添えて

暑い日が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
 おかげさまで私どもも元気に過ごしております。
 さて、本日は夏のごあいさつのおしるしに、ささやかながらビールのセットをお贈りいたしました。●●日頃のお届けを予定しております。どうかお納め下さいませ。
 猛暑が続きますが、どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。

結婚を機にお中元を送る場合にも。

お中元の送り状例文3
結婚の際お世話になった方などに

梅雨明けが待ち遠しい今日このごろ、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
 私どもも結婚●年目を迎えますが、おかげさまで元気に暮らしております。
 さて、本日は夏のごあいさつのおしるしに、気持ちばかりの品をお送りいたしました。本来ならばごあいさつに伺うべきところ、失礼かと存じましたが、何とぞお許しくださいませ。
 今年の夏は例年を上回る猛暑になるとのこと、どうか大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

はがきの用意や手書きに自信が無い方は、スマホからはがきが送れるありがとうポストをご活用下さい。