頭語と結語とは

頭語とは、拝啓、前略など最初に書く言葉です。「申し上げます」という意味がありますが、手紙のはじめと終わりにつかう決まりの挨拶だと思って問題ないでしょう。

結語とは、逆に手紙の最後に書く言葉で、敬具 早々などです。

頭語と結語はある程度組み合わせが決まっていますので、例も取り上げました。

また、女性が主に使う口語的なものもあり、結語のかしこがよく使われます。

現在ありがとうポストの例文には入れてませんが、下記の一覧より選んでご利用いただければ幸いです。

読みも記載しましたので、変換の際にお使い下さい。

頭語・結語が不要な場合

年賀状や喪中見舞い、寒中見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いなどの季節の挨拶の他、死亡通知、災害見舞い、弔事の手紙、詫び状、抗議文にも頭語・結語は使いません。
それ以外にも、文字数が限られているはがきでは省略する場合もありますし、親しい間柄ではあえて使わない場合も増えてきています。

一般的な場面で使う頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 拝啓(はいけい)
  • 拝呈(はいてい)
  • 啓上(けいじょう)
  • 一筆啓上(いっぴつけいじょう)【主に男性】
  • 一筆申し上げます
  • 敬具(けいぐ)
  • 敬白(けいはく)
  • 拝具(はいぐ)
  • 不一(ふいつ)※
  • 不備(ふび)※
  • さようなら
  • ではまた
  • かしこ【主に女性】
  • ごきげんよう【主に女性】
  • 拝啓・敬具
  • 拝呈・拝具
  • 一筆啓上・敬具

※不一・不備は、伝えたいことを十分に書き尽せず、簡略を詫びる意味です

丁寧に言いたい場合や儀礼で使う頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 謹啓(きんけい)
  • 粛啓(しゅくけい)
  • 恭啓(きょうけい)
  • 謹んで申し上げます
  • 敬白(けいはく)
  • 謹白(きんぱく)
  • 謹言(きんげん)
  • 再拝(さいはい)
  • 頓首(とんしゅ)
  • かしこ【主に女性】
  • あらあらかしこ【主に女性】
  • めでたくかしこ【主に女性】
  • ごめんくださいませ【主に女性】
  • 謹啓・謹言
  • 謹啓・敬白
  • 謹啓・頓首
  • 謹んで申し上げます・かしこ

急ぎ、急用の場合に使う頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 急白(きゅうびゃく)
  • 急啓(きゅうけい)
  • 急呈(急呈)
  • 火急(かきゅう)
  • 取り急ぎ申し上げます
  • 草々(そうそう)
  • 敬具(けいぐ)
  • 不一(ふいつ)
  • かしこ【主に女性】
  • 急啓・草々
  • 取り急ぎ申し上げます・かしこ

返事がまだ来ていない時再度送る場合、再信につかう頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 再啓(さいけい)
  • 再呈(さいてい)
  • 追啓(ついけい)
  • 重ねて申し上げます
  • たびたび失礼ながらお便り申し上げます【主に女性】
  • 敬具
  • 敬白
  • 拝具
  • かしこ
  • かしく【主に女性】
  • さようなら【主に女性】
  • ごきげんよう【主に女性】
  • 再啓・敬具
  • たびたび失礼ながらお便り申し上げます・かしこ

返事に使う頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 拝復(はいふく)
  • 復啓(ふくけい)
  • 謹復(きんふく)
  • お手紙拝見いたしました
  • お手紙ありがとうございました。
  • 敬具
  • 敬答
  • 敬白
  • 拝具
  • かしこ【主に女性】
  • さようなら【主に女性】
  • ごきげんよう【主に女性】
  • 拝復・敬具
  • お手紙拝見いたしました・かしこ

前文を省略する場合の頭語と結語

頭語 結語 組み合わせ例
  • 前略(ぜんりゃく)
  • 冠省(かんしょう)
  • 略啓(りゃくけい)
  • 前略ごめんください【主に女性】
  • 前文お許しください【主に女性】
  • 前略失礼いたします【主に女性】
  • 草々・匆々(そうそう)
  • 不一
  • 不備
  • かしこ【主に女性】
  • 前略・草々
  • お手紙拝見いたしました・かしこ
  • 前略失礼いたします・かしこ