暑中見舞いは、二十四節気の小暑の7/7頃から立秋8/8までに送りますが、歴と気候は一致しないことが多いですよね。

梅雨明け後に送るのが一般的ですが、他との差別化やお中元のお礼など他の用件も兼ねる場合は、文章にも困ります。

そこで、まだ梅雨だったり、暑くない時に使える例文や、例年より涼しい夏に送る暑中見舞いに使える例文をご用意しました。

1通だけでもスマホから和紙ハガキが送れるありがとうポストでもご活用ください。

梅雨明け前の時期に送る暑中見舞い例文

暑中お見舞い申し上げます
まだ梅雨明けにはしばらくかかりそうですが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもはおかげさまで一同に暮らしております。
暑さはこれからが本番となりますので、どうか皆様くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成○○年盛夏

梅雨明け直後の時期に送る暑中見舞い例文

暑中お見舞い申し上げます
梅雨が明けて夏本番となりましたが、お元気ですか
私どもはおかげさまで一同に暮らしております。
暑さはこれからが厳しくなりますので、どうか皆様くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成○○年盛夏

夏本番を控えた時期に送る暑中見舞い例文

暑中お見舞い申し上げます
次第に暑さが厳しくなってきましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
私どもはおかげさまで一同に暮らしております。
暑さはこれからが本番となりますので、どうか皆様くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成○○年盛夏