仕事・ビジネスでは、お客様はもちろん、ご協力頂いた方にもお礼状を送る機会が多いと思います。

お礼以外は書かない

お礼のハガキは受け取ったら嬉しいものですが、DMや広告と思われてしまったらどうでしょうか?自宅のポストに入ったハガキ、チラシをぱっと見て、すぐゴミ箱に捨てる方も多いと思います。

お礼を述べても、その後に広告や売り込みをしてしまったら、それはお礼状ではなく広告になってしまいます。

感謝の気持ちを伝えたかったのに、そうなってしまっては悲しいですね。

文面も限られているので、はがきでは特に注意が必要です。

先日はご注文ありがとうございました。
他にも新商品の○○がありますので、ぜひご検討ください!

それでは商売にならない!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お礼状と広告は別のものと考えましょう。

お礼状を送った後日、別途「○○様のために選んだおすすめ商品」「こんな商品を扱い始め、○○様のお役に立てると思いご紹介させていただきました」等、お客様のことを考えた広告であれば、手にとってくれる方も多いと思いますし、最初から広告はがきを送るよりも効果も高いと思います。

ありがとうポストなら、マイ文面を呼び出せるだけでなく、さらに1通1通文面が変更できますので、ビジネスのお礼状にも最適です。簡単に送れますが、手間隙かけて作られた伝統の和紙が相手に感謝を伝えてくれるはずです。