ありがとうポストで取り扱っている小川耳付き和紙に試し書きしたものとなります。

和紙は繊維が大きく、にじみやすいので、ズバリおすすめは、
顔料インクのものです。

右から
・筆ペン(顔料インク)
・ジェルボールペン(ゼブラのサラサ)
・油性ボールペン
・万年筆
となります。
pen-test

筆ペンだと滲むのでは?と思いますが、顔料インクですとそこまで滲まないのがわかると思います。

インクジェットプリンタ用の紙に適した筆ペンは、よく染みこむ染料タイプのインクなので、おすすめできません。

ボールペンでは、普通の油性のものよりも、ジェルタイプのものが一般的に水性顔料なのでにじまず、またインクの出る量も多いので発色がよくおすすめです。

万年筆は、繊維がペン先を壊してしまう可能性があるとのことで、和紙職人さんからも使わないほうが良いと言われました。また滲みも大きいので使用しないほうが良いでしょう。
ただ和紙と言われているものは幅広く、ありがとうポストで取り扱っているような手すきの楮の和紙ではなく、機械漉きのものには対応しているものは万年筆でも問題ないとされているものもあります。

ありがとうポストで用いられている「小川和紙」のスペシャルコンテンツ。
その伝統と技術に深くフォーカスし、紐解いています。