満中陰法要(四十九日法要)の際には、品物を送ることもあると思いますが、様々な事情で難しい場合は、はがきで済まさなければいけないこともあると思います。

そんなときにも、ありがとうポストをご利用頂けるよう例文をご用意しております。

大切なお礼なので、大礼紙や手すきの和紙はがきを使ってみてはいかがでしょうか。

ありがとうポストなら、スマホ、PCから10分もあればはがきを送れます。

下記の例文は、文章入力画面の「定型文」からも呼び出せますのでぜひご利用ください。

満中陰のお礼状例文1

謹啓 御尊家御一同様には愈々御清祥のことと御慶び申し上げます
さて過日 亡父 ●●儀死去の節には御繁忙中にもかかわりませず御懇篤なる御弔慰を賜わり洵に有難く厚く御礼申し上げます
お陰をもちまして満中陰の法要を滞りなく相営み忌明け仕りました
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ失礼ながら書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます
謹言
平成●●年●月

満中陰のお礼状例文2

謹啓 御尊家御一同様には益々御清祥の事とお慶び申し上げます
さて 亡父 ●●儀在世中はいろいろ格別の御世話になり有難うございました
告別式の節はご懇篤なるご弔慰を賜わり尚格別のご厚志に預りご芳情の程誠に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして満中陰の法要を滞りなく相済ませました
就きましては 早速拝眉の上親しくお礼申し上げるのが本意でございますが 新生活運動の申し合わせもございますので略儀ながら寸書を以てお礼旁ご挨拶申し上げます
謹言
平成●●年●●月