結婚は人生で大きなイベントですので、結婚式と披露宴の招待状や仲人(媒酌人)への依頼、お礼は封書でするのが礼儀です。

でも、婚約の通知や新婚旅行先からのお便り、親しい人への結婚のお知らせ(通知)、お礼状であれば、気軽にはがきでも問題無いと思われます。

そんな結婚のお知らせをはがきで送る際に使える例文、テンプレートをご用意しました。

出す際の注意点としては、忌み言葉をさけること、出す時期は結婚してから1ヶ月以内が良いそうです。また旧姓はカッコ書きで付けましょう。

結婚のお知らせ例文
一般的な場合

拝啓 入梅の候、皆様にはまずますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、私ども、このたび●●様ご夫婦のご媒酌により、●月●日に結婚式を挙げました。今後とも一層のご指導のほどお願い申し上げます。 敬具
  平成●●年●月吉日
                  弥勒太郎
            (旧姓佐藤)  花子

結婚のお知らせ例文2
知人などにちょっと砕けた場合

拝啓 紫陽花の花が雨に映える季節となりましたが、皆様にはますますご清祥のことと存じます。
 さて、このたび私たちは縁あって●月●日に結婚いたしました。まだまだ未熟な二人ではございますが、助け合いながら笑顔があふれる家庭を築いていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 敬具
  平成●●年●月吉日
                弥勒太郎
                  花子(旧姓佐藤)

また、結婚と同時期に引っ越しを行う場合もあり、そのときは、新居の住所も書くことが一般的です。
ありがとうポストでは、文章入力画面で自分の名前の箇所に追記するとよいでしょう。

結婚のお知らせ例文3
引っ越しのお知らせも兼ねる場合

拝啓 紫陽花の花が雨に映える季節となりましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
 さて、このたび私たちは縁あって●月●日に結婚いたしました。何かといたらぬ二人ですが、協力しながら明るい家庭を築いていきたいと思っています。今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう、なにとぞよろしくお願いいたします。 
 なお、左記の住所にささやかな住居を構えましたので、併せてご通知申し上げます。お近くにおいでの際はぜひお立ち寄りください。 敬具
  平成●●年●月吉日
  〒163-0000 東京都新宿区●●1-1-1
  03-0000-0000
                  弥勒太郎
              (旧姓佐藤)花子

披露宴を行わず、身内や親しいだけで結婚式を行う方、結婚式を行わず招待できない方もいらっしゃると思います。
その際は下記のような文例が使えます。

結婚のお知らせ例文4
結婚式・披露宴を行わなかった場合

清流に若鮎の踊るころとなりましたが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
 さて、このたび私たちは●月●日に入籍をいたし、結婚生活を始めました。身内の顔合わせのみで済ませましたため、ご披露の場も設けず、たいへん失礼をいたしました。
 まだまだ未熟な二人ではございますが、力をあわせてがんばっていきたいと存じますので、幾久しくご指導くださいますようお願い申し上げます。
                  弥勒太郎
              (旧姓佐藤)花子

以上、結婚のお知らせはがきに使える文例をご紹介しましたが、はがきの用意が大変な方は、ぜひ、スマホからでもお礼状を送れるありがとうポストもご検討下さい。手軽ですが、伝統の和紙で特別感もプラスできます。