ありがとうポストでは、葬儀、香典のお礼にも和紙はがきをご活用頂いています。手軽に出せるけど和紙で伝わる特別感があります。

慌ただしい中、葬儀社や、印刷会社にまかせてしまう場合も多いと思いますが、故人と親しかった人や友人には少し気持ちをこもったはがきがいいと思います。

ここでは、葬儀、弔事、仏事のお礼につかえるはがきの例文をご紹介します。

葬儀イメージ

弔慰へのお礼例文の注意点

季節の挨拶など前文、頭語結語は不要です。
不吉なことを連想させる忌み言葉は避けます。

会葬のお礼1
短いもの

 故○○○○の葬儀に際しましては、ご多用の中、遠路ご会葬くださり、まことにありがとうございました。
 ここにご芳情を深謝し、謹んでお礼申し上げます。
 平成○○年○月○日
                        鈴木太郎

会葬のお礼2
一般的なもの

 先日は、ご多用のところ遠路はるばるご弔問いただきまして、誠にありがとうございます。
 生前は皆さまに温かいお付き合いを頂き、父も幸せな一生であったことを、ありがたく存じます。
 今後とも残された私どもをよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。
 まずは略儀ながら、御礼のみ申し上げます

会葬のお礼3
社葬の場合

社葬の場合は、句読点を使わず、慣用句などでまとめた方が重厚な印象になります。

本日は 弊社代表取締役社長故○○○○の社葬に際しまして ご多用のところご丁重なるご厚志を賜り厚く御礼申し上げます
故人が生前より賜りましたご厚誼に対し 併せて心より感謝申し上げます
本来ならば拝眉の上親しく御礼申し上ぐべき筈の処 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます
 平成○○年○○月○○日
 株式会社○○○○
 葬儀委員長 ○○○○
 常務取締役 ○○○○
 喪主 ○○○○

ありがとうポストでネットから和紙はがきを送る場合はこちらからご登録ください。15分もあれば送れます。
はがきのものを封筒に入れたい場合も、別途対応が可能ですのでお気軽にご相談ください。