7月に使える時候の挨拶(季節の挨拶)をご紹介します。

和紙はがきでお礼状を送れるありがとうポストでもぜひご活用ください。
文章入力欄の上にある「定型文」ボタンからもお選び頂けます。

和文化研究家三浦康子先生による解説付きです。

時候の挨拶に続く「益々ご盛栄のことと心よりお慶び申し上げます。」の部分は他にも相手の繁栄を祝福する挨拶でご用意しております。

他の月の時候の挨拶はこちらをご覧ください。

7月の時候の挨拶 専門家による解説付き

時候の挨拶 使える時期 解説
梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、益々ご盛栄のことと心よりお慶び申し上げます。 7月上旬 梅雨明け前に使用します。
梅雨明けの暑さがひとしおに感じるころとなりました。益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 7月上旬・中旬 梅雨明け後に使用します。
七夕の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 7月上旬 「七夕の季節となりましたが」。7月7日まで使用します。
星祭の候、ますますご隆盛のこととお慶び申しげます。 7月上旬 「七夕の季節となりましたが」。7月7日まで使用します。
小暑を迎え暑さが本格的になるころ、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 7月中旬 「1年でも暑い時期となり、暑さも本格的になりますが」。「小暑」は二十四節気のひとつで、7月7日頃~7月22日頃。
暑中の折、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 7月中旬・下旬 「1年でも暑い時期となりましたが」。「暑中」は二十四節気の小暑~大暑をさし、7月7日頃~8月6日頃。
空の青がひときわ眩しい季節となりました。ますますご盛栄のこととお慶び申しげます。 7月中旬・下旬 (省略)
向日葵が日毎に背を伸ばすこの頃、ますますご隆盛のこととお慶び申しげます。 7月中旬・下旬 (省略)
盛夏の候、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 7月中旬・下旬、
8月上旬
「夏の盛りの頃ですが」
暑さ厳しき折から、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 7月中旬・下旬、
8月上旬
「暑さの厳しい頃ですが」
土用に入り暑い盛りとなりましたが、益々ご隆昌のこととお慶び申しげます。 7月下旬 「暑い盛りの土用を迎えましたが」。夏の「土用」は立秋前の18日間をいい、7月20日頃~8月6日頃。
大暑の候、益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 7月下旬 「1年で最も暑い頃となりましたが」。「大暑」は二十四節気のひとつで、7月23日頃~8月6日頃。
炎夏のみぎり、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 7月下旬、
8月上旬
「夏の暑さが厳しい頃ですが」
甚暑の候、ますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。 7月下旬、
8月上旬
「甚だしい暑さの頃ですが」

時期が不確定な場合は、いつでも使える時候の挨拶(季節の挨拶)もご用意してありますので一緒にご活用ください。