上質な和紙はがきがスマホから手軽に送れるありがとうポストで使える定型文に9月の季節の挨拶をご用意しました。

和文化研究家三浦康子先生による解説付きです。

コスモス

9月の時候の挨拶 専門家による解説付き

時候の挨拶 使える時期 解説
虫の音に秋の訪れを感じる季節となりました。ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 9月 (省略)
初秋の候、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 9月上旬 「秋の初めの頃となりましたが」。暦の上では、二十四節気の「立秋」(8月7日頃~22日頃)と「処暑」(8月23日頃~9月6日頃)が「初秋」です。
重陽の候、ますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。 9月上旬 「重陽の節句の時期となりましたが」。「重陽の節句」は五節句のひとつで、9月9日に菊を用いて長寿祈願をする行事。
空の色もいつしか秋めいてまいりました。ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 9月上旬・中旬 (省略)
秋風の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 9月上旬・中旬 「秋の風吹く頃となりましたが」
朝夕の風に秋の気配が感じられる頃となりました。皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 9月上旬・中旬 (省略)
名月の候、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 9月中旬 「中秋の名月の頃となりましたが」。「中秋の名月」は旧暦9月15日。今年の日付を確認し、その頃に使ってください。
萩の花が風に揺れる頃となりました。ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 9月中旬・下旬 (省略)
仲秋の候、●●様におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申しげます。 9月中旬・下旬 「秋も中ごろとなりましたが」。暦の上では、二十四節気の「白露」(9月7日頃~22日頃)と「秋分」(9月23日頃~10月7日頃)が「仲秋」です。
秋の気配いよいよ濃く、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 9月中旬・下旬 (省略)
一雨ごとに秋が深まる今日この頃、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 9月中旬・下旬 (省略)
爽秋の折、益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 9月中旬・下旬、10月上旬・中旬 「爽やかな秋となりましたが」
爽涼の秋となりましたが、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 9月中旬・下旬、10月上旬・中旬 「涼しく爽やかな秋となりましたが」

時期が不確定な場合は、いつでも使える時候の挨拶(季節の挨拶)もご用意してありますので一緒にご活用ください。