和文化研究家三浦康子先生監修、使える時期が分かる解説付きの時候の挨拶10月分追加しました。

はがき、手紙の冒頭の挨拶にご活用ください。

もちろんネットから送れる和紙のお礼状サービスありがとうポストの定型文にも追加しました。

10月の時候の挨拶 専門家による解説付き

時候の挨拶 使える時期 解説
金風の候、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月 「秋風が吹く頃となりましたが」
錦秋の候、ますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。 10月 「紅葉が錦のように色鮮やかになりましたが」
紅葉のみぎり、皆様におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申しげます。 10月 「紅葉の時季を迎えましたが」
野山が秋色に染まる頃となりましたが、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月 (省略)
実りの秋を迎え、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 10月 (省略)
秋涼爽快の候、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 「涼しく爽快な秋となりましたが」
灯火親しむ秋となりましたが、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 「秋の夜長に向かい、読書に親しむ頃となりましたが」
菊花の薫りゆかしいこの季節、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 (省略)
金木犀の香るこの頃、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 (省略)
秋晴れに鰯雲が流れる頃となりましたが、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 (省略)
虫の音に深まる秋を感じる頃となりました。ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 (省略)
日ごとに秋の深まりを覚えるこの頃、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 10月上旬・中旬 (省略)

晩秋の折、ますますご盛栄のこととお慶び申しげます。 10月中旬・下旬、11月上旬 「秋も終わりの頃となりましたが」。暦の上では、二十四節気の「寒露」(10月8日頃~22日頃)と「霜降」(10月23日頃~11月6日頃)が「晩秋」です。

10月の秋に最適なはがきデザイン

和紙はがきがネットで1枚から送れるありがとうポストでは、時候の挨拶はもちろん、秋のはがきデザインをご用意しております。
デザイン選択 ありがとうポスト秋のデザイン