和文化研究家三浦康子先生の解説付きの時候の挨拶11月分をネットで和紙はがきが送れるありがとうポストに追加しました。
定型文から呼び出し、またはコピーしてお礼状、挨拶状にご活用ください。

11月の時候の挨拶 専門家による解説付き

時候の挨拶 使える時期 解説
落葉の候、●●様におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申しげます。 11月 「落ち葉の時期となりましたが」
落葉舞い散る季節となりましたが、皆様におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申しげます。 11月 (省略)
向寒のみぎり、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 11月 「日増しに寒くなってまいりましたが」
日毎に寒気加わる時節となりました。益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 11月 (省略)
暮秋の候、ますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。 11月上旬 「秋も終わりの頃となりましたが」
夜寒の候、益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 11月上旬 「秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりましたが」
立冬の候、ますますご盛栄のこととお慶び申しげます。 11月上旬・中旬 「暦の上では冬となりましたが」。「立冬」は二十四節気のひとつで、11月7日頃~11月21日頃。
初冬の候、益々ご清栄のこととお慶び申しげます。 11月中旬・下旬 「冬の初めの頃となりましたが」。暦の上では、二十四節気の「立冬」(11月7日頃~21日頃)と「小雪」(11月22日頃~12月6日頃)が「初冬」です。
冬の息吹を感じる頃となりましたが、益々ご盛栄のこととお慶び申しげます。 11月中旬・下旬 (省略)
木枯らしの吹く頃となりましたが、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。 11月中旬・下旬 (省略)