結婚報告年賀状の宛名書きとマナー| ありがとうポスト

結婚報告年賀状の宛名欄の書き方

結婚報告年賀状の宛名書きは、縦書きが正式です。バランス良く書くには、まず相手の名前を年賀状の真ん中に大きな字で書き、次に名前よりも小さな字で一番高い位置に住所を書くと良いです。

郵便番号

郵便番号相手の郵便番号があやふやな場合は、郵便局のホームページで簡単に調べられるのできちんと調べましょう。

住所

住所は都道府県から書きましょう。また、字(あざ)がつく場合も略さず正確に書きます。マンション名も略さず書き、住所よりも小さな字で一段下げて書くとバランスが良く見えます。番地やマンションの号室を書くときは漢数字で書きましょう。住所が長くなりそうな場合は切りの良いところで改行して、一段下げて書きます。

氏名

名前を間違えるのは相手の方に大変失礼なので、誤字がないように正確に書きます。澤田、濱口、櫻井など旧字体の名字の場合は特に注意しましょう。連名で出す際には、まず世帯主をフルネームで書き、左に妻の名前のみを書きます。名字はこの場合は省略します。そしてそれぞれの名前の下に様をつけます。名字が一つだからといって、敬称も一つにしてしまうと大変失礼なのできちんと書きましょう。

結婚報告年賀状

送る相手2名両方の下に様を付ける

結婚報告年賀状の差出人欄の書き方

差出人欄の住所、氏名は宛名の住所よりも小さめの字で書くとバランスが良く見えます。

住所

結婚後の新しい住所を書きます。都道府県やマンション名など省略せずに正式なものを書きましょう。数字は縦書きで漢数字で書きます。二桁で十から始まる場合は十五のように十の位も書きましょう。三桁以上の場合は、二〇一、七〇一二のように位を省略して書くと見やすいです。

氏名

住所よりも一段下げた位置から書き始めます。連名で出す際には、まず夫の名前をフルネームで書き、次に妻の名前のみ書きます。必要があればカッコ書きで妻の旧姓を書きましょう。会社関係の相手へは連名を避け、夫あるいは妻のみの名前で出すのが一般的です。

年賀状で結婚報告

妻の旧姓は括弧で書く

結婚報告年賀状の宛名書きでのマナー違反とは

結婚報告年賀状の宛名書きを心をこめて作っても、マナー違反をしてしまうと台無しです。結婚報告年賀状の宛名書きのマナー違反をまとめました。

個人の敬称に”殿”を使う

殿は目下のものへ使う敬称なので、目上の方へ使うのは絶対にさけましょう。また、現在では自分より目下の相手であっても”様”を使うのが一般的です。

ボールペンで宛名書きをする

年賀状の宛名書きを手書きで書く場合、筆や筆ペンのように太く力強く書いたほうが良いとされており、ボールペンでの宛名書きはふさわしくないとされています。

書き損じを二重線や修正テープで直す

書き損じの年賀状を新年早々受け取ると、相手の方は非常に気分が悪いです。大切な結婚報告のための年賀状なので、修正することは避け新しく書きましょう。書き損じは郵便局で手数料を払えば交換できます。

または印刷サービスを使えば、書き損じの心配もありません。

一生に一度の結婚報告の年賀状です。受け取った方に失礼のないように、マナーを守って宛名書きをしましょう。