1300年前の古来より続く伝統の「小川和紙」とは

 秩父の山麓に位置する小川町では、1300年前の古来より和紙作りがおこなわれてきました。和紙の原料となる楮(こうぞ)の生育に適し、山と川がある水のきれいな土地であったことから和紙の産地になったと考えられています。


 連綿と受け継がれてきた伝統の製法は、江戸時代に入り「細川紙」としてその名を馳せました。それまで和紙は高級品として一部の富裕層のものでしたが、江戸から70キロという近さの小川町に大勢の職人が集まり、和紙の一大生産地となったことで、庶民にも求めやすい値段となり広く普及していったのです。障子やふすまが流行りだしたのもこの頃。需要が高まり、多様な用途の紙が求められるようになっていきました。

 krs5613 2

 「庶民の紙」であることを旨とし、様々な要求に懸命に応えようとするのが小川和紙の職人気質です。全国の和紙を研究するなどたゆまぬ努力を続け、幅広い銘柄の紙を漉くことができるようになっていったといいます。さらに明治の初めに洋紙が流通しだすと、それに対抗すべく一層技術を進歩させるなど、いつの時代も庶民の生活に寄り添い、実用性を追求してきたのです。

 2014年にユネスコの無形文化遺産に記載された「和紙 日本の手漉き和紙技術」の一銘柄である「細川紙」は、小川和紙の中でもっとも伝統的な製法として次代へ受け継いでいくべきもの。しかし、技術を受け継ぐだけでは、やがては廃れてしまいかねません。同時に、人々が求めやすい値段の実用的な紙を生産していくことや、現代的なアプローチで裾野を広げていくことも伝統産業にとって大切なこと。変わってはいけない部分と変わるべき部分、伝統と産業――。相反するものをうまく調和させていこうとする柔軟さがあったからこそ、小川和紙の伝統が今に受け継がれたのです。

 小川和紙は「細川紙」の伝統製法をもとにして、今も原料作りから紙漉き、乾燥といったほとんどの工程が、手作業で作られています。気が遠くなるほどの手間ひまをかけて作られた一葉の紙。それは、庶民に愛されてきた素朴な風合いを持ち、やさしい手触りで人の温もりを感じさせてくれます。

ありがとうポストで用いられている「小川和紙」のスペシャルコンテンツ。
その伝統と技術に深くフォーカスし、紐解いています。

Logo arigato post